FC2ブログ

記事一覧

吉野ヶ里町社協 「認知症になっても安心して暮らせる町づくり」目指し、買い物客などが参加し「温か声かけ訓練」実施

佐賀県吉野ヶ里町社協
【「認知症になっても安心して暮らせる町づくり」目指し、買い物客などが参加し「温か声かけ訓練」実施】


吉野ヶ里町社会福祉協議会を中心に実施している「温かい声かけ訓練」が2018年11月24日、町内で開かれました。認知症で困っている人が、重大な事件や事故に巻き込まれることを未然に防ぐため、買い物客などが訓練に臨みました。「認知症になっても安心して暮らせる町づくり」を目指す吉野ヶ里町社協が2010年から始めた訓練。同年からは認知症見守り隊の養成講座に取り組んできました。

この日は1時間半、三田川中央公園や同町役場付近など6カ所で訓練を実施。座り込んだ高齢者役に対して「ここがどこか分かりますか」「けがはないですか」などと中学生や買い物客が声を掛けました。参加した69歳の女性は「初めてでどうしていいのか分からなかったけど、社協などに電話をすればいいことが分かってよかった」と話しました。
佐賀新聞 2018年11月27日

20181207吉野ヶ里町

参照)吉野ヶ里町社協 中学生が「認知症見守り隊」の養成講座で、認知症の知識深める
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク