FC2ブログ

記事一覧

秦野市鶴牧地区社協 ほっとワークつるまきを拠点に、麻雀・囲碁・将棋サロンで認知症予防 寄席・体操も 年1500人が利用

秦野市鶴牧地区社協
【ほっとワークつるまきを拠点に、麻雀・囲碁・将棋サロンで認知症予防 寄席・体操も 年1500人が利用】


「自摸(ツモ)、中(チュン)、ドラ1!」高齢者の楽しそうな声が聞こえてくるのは、鶴巻地区社会福祉協議会の拠点、ほっとワークつるまき。2019年1月14日、麻雀・囲碁・将棋のサロンが開かれ、28人が参加しました。70代で初めて麻雀に挑戦しているという参加女性は「負けてばかりだけど、楽しいわよ。何か賭けているわけじゃないから」と笑顔で話しました。

麻雀・囲碁・将棋の日は月4回。分からない事は常駐する2、3人のボランティアスタッフに質問ができるので初心者でも気軽に参加できます。参加費は100円のみ。2018年4月に企画を始めてから次第に参加者が増え、開催頻度も増えました。「お茶を飲みながら楽しめ、指先や頭を使うので認知症予防になる」と人づてに評判が広がり、鶴巻地区以外の人も参加するようになったといいます。

サロンの企画は他にもあり、パソコン教室、リフレッシュ体操、落語の寄席、歌声喫茶などが人気で、年間利用者はサロン全体で1500人に上ります。鶴巻地区社協の会長は「毎年250人のボランティアスタッフが運営を支えてくれ、当番でなくても手伝いに来てくれる。地域の方が互いに顔を合わせ、支え合う場となっていると思う」と話します。
ほっとワークつるまきは2013年、市内初の地区社協の拠点として開所。月・水・金曜日の午前中に地場野菜を販売し、その売り上げを運営費に充てています。
タウンニュース 2019年1月18日

20180122川崎市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク