FC2ブログ

記事一覧

高鍋町社協 小中学生の学力向上へ最多70人 「社協塾」開講

宮崎県高鍋町社協
【小中学生の学力向上へ最多70人 「社協塾」開講】


ひとり親や共働きなど、塾に行かせる余裕のない高鍋町内の小中学生が対象の「社協塾」が2019年度も開講し、過去最多の70人が利用しています。2018年度から引き続き受講する意欲のある児童生徒が多いといい、塾を開いている高鍋町社会福祉協議会では「塾の認知度が上がった」と見ています。

同塾は町内の小学5年生から中学2年生が対象(中学3年生は前年度からの延長のみ可)。2014年度に始まりました。2019年度受講者の内訳は、小学生が新5年15人と新6年27人。中学生は新1年11人、新2年が10人、新3年が7人。2018年度の開塾時に比べ2人増えました。

毎週土曜日の午前中に、町総合福祉センターで実施。ボランティアの元小中学校教諭ら8人が、小学生に国語と算数、中学生に数学と英語を教えます。小学生は1科目40分、中学生は50分。学校の教材や問題集で分からない部分を解説するほか、講義形式で教えています。また学習面や生活面など、保護者からのさまざまな相談にも応じています。

同町老人福祉館であった開塾式には、受講生や保護者ら約100人が参加。高鍋町社協会長が「分からないことは質問し、自分に合った勉強法を見つけてほしい」とあいさつ。塾の決まりごとについて説明を受けました。

受講は原則1年間。2019年度は同日の開塾式を含め、2020年3月末まで全47回を予定。年末年始や祝日などは休みで、年度途中からの参加もできます。
宮崎日日新聞 2019年4月17日

参照)高鍋町社協 子どもたちの勉強を無料でサポート  「社協塾」開催(2017年03月05日)

20190424高鍋町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク