FC2ブログ

記事一覧

千歳市社協 「ちょこっと茶屋」開設 コープさっぽろパセオすみよし店が高齢者に交流の場提供

北海道千歳市社協
【「ちょこっと茶屋」開設 コープさっぽろパセオすみよし店が高齢者に交流の場提供】


千歳市のコープさっぽろパセオすみよし店で2019年6月6日、入場無料の交流スペース「ちょこっと茶屋」の取り組みが始まりました。千歳市社会福祉協議会と連携した、高齢者の新たな居場所づくりで、健康相談などのコーナーを開設。この日は、くす玉割りのセレモニーを行い、さっそく高齢者50人が利用しました。

コープさっぽろは地域と連携しながら同茶屋を開設し、高齢者に交流の場を提供しています。北海道内では17店舗目で、千歳では初の取り組みです。千歳市社協の生活支援コーディネーターが連携し、毎月第1木曜の午前10時~11時半、同店のイートインスペース約70㎡で開設します。介護予防や健康チェックなど毎月テーマを変え、高齢者が飽きずに楽しめるよう工夫します。

オープニングセレモニーで、千歳市社協の会長は「千歳も高齢化率が上がっている」と指摘し「高齢者に雑談してもらう場は大事。居場所が地域に根付けば」と期待を寄せました。店長も「病院などに行くまでもないような相談などで気軽に利用してほしい」とアピールしていました。

茶屋の開設日は同店の高齢者割引「シニアデー」と重なっており、初日から高齢者がひっきりなしに訪れました。介護予防センターの保健師らが、血圧チェックをメインに講話や測定を実施。テーブル席にはお茶も用意し、訪れた人同士で和やかに雑談する姿も。買い物ついでに立ち寄った80歳の女性は「椅子やお茶があって、健康の話も聞けて、よかった」と喜んでいました。

次回は7月4日午前10時から、「みんなで楽しく脳トレ体操」をテーマに開催します。
苫小牧民報 2019年6月7日

0190610千歳市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク