FC2ブログ

記事一覧

藤里町社協 脱ひきこもり、「出口」がカギ 先進自治体の語る手応え

秋田県藤里町社協
【脱ひきこもり、「出口」がカギ 先進自治体の語る手応え】


ひきこもる人たちの孤立を防ごうと、先進的な取り組みをしてきた自治体があります。各家庭の状況をよく知る保健師ら福祉関係者の情報をもとに、ひきこもる人たちを積極的に訪ね、福祉や医療、就労支援などにつなげようとする手法です。他の自治体からの視察が相次いでいます。

秋田県の北端、白神山地のふもと。人口3200人余りの藤里町は、約10年前から戸別調査や就労支援に取り組んできました。町役場に近い福祉施設「こみっと」に食事処や会議室が入ります。藤里町社会福祉協議会が運営し、かつてひきこもっていた人も食事処で調理や配膳に加わります。特産のマイタケを使った土産品を販売していた49歳の男性もその一人です。「与えられた役割を果たしている感じがする」と話します。

町が取り組みを始めたきっかけは、2005年ごろ、高齢者宅を回る藤里町社協のケアマネジャーらに「子どもが家から出ない」との相談が相次いだことです。藤里町社協の会長らが、翌年から各世帯を訪問するなどして18~54歳を調査。この年代の町民の8%超にあたる113人が、2年以上仕事をしていなかったり、家族以外との交流や外出の機会がほとんどなかったりしていました。仕事を探すのをあきらめてしまっている人もいました。当初、家から出てきてもらおうと、映画鑑賞や卓球などを企画しましたが「求められていなかった」と藤里町社協会長。「こみっと」でヘルパー養成研修や、そば打ちなど、就労に結びつく活動をしたところ、しだいに参加者が増えたといいます。

土産品を販売していた男性は十数年間、ひきこもった経験があります。近隣の高校を経て青森県内の大学を卒業。東京都内のソフトウェア会社に就職したが行き詰まり、母親の体調悪化もあって退職。町に戻りましたが、職が見つかりませんでした。「何社かに断られると心が折れる。その繰り返しだった」と振り返ります。転機は2010年6月、藤里町社協職員が家に置いていったヘルパー研修のチラシでした。研修参加をきっかけに外に出られるようになりました。

113人を追跡した藤里町社協の調査(2014年度)では、86人が家から出られるようになっていました。ヘルパーになった人のほか、人材バンクに登録して農家の手伝いをする人も。老人クラブなど地域住民も一緒に使う「こみっと」で多くの人と触れ合う機会があったことも効果的でした。現在、ひきこもっている人は10人程度だといいます。藤里町社協会長は「所属できる場所を見つけない限り孤独感は解消されない。調査や戸別訪問といった『入り口』だけでなく、『出口』の就労支援をしたのが大きかった。他の地域でも通用すると思う」と話します。
朝日新聞 2019年6月24日

20190625藤里町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク