FC2ブログ

記事一覧

安田町社協 料理は安田の“老紳士”のたしなみ! 「男day(ダンディー)の会」 わいわい月例会「独りになっても料理を」

高知県安田町社協
【料理は安田の“老紳士”のたしなみ! 「男day(ダンディー)の会」 わいわい月例会「独りになっても料理を」】


料理は安田の“老紳士”のたしなみ?―。安芸郡安田町に、高齢男性らが手料理を作って楽しむ月例会がある。その名も「男day(ダンディー)の会」。「妻に先立たれても困らないように」「仲間としゃべりたくて」と動機はいろいろ。「以前はコメも炊いたことがなかった」というメンバーたちが厨房に集い、エプロン姿で和気あいあいと腕を磨いています。5年ほど前に安田町社会福祉協議会の事業として始まり、現在はメンバーが自主的に開いています。町内の70~80代の10人前後が、毎月第1月曜日の夕方、町文化センターの調理室に集まります。
 
献立は、安田町社協や食生活改善推進協議会の女性らが旬の食材を生かして考案。2019年7月1日はシイラのフライ、キュウリとむきエビのあんかけなどに挑戦しました。男性陣は、タルタルソース用のタマネギや、あんかけに入れるミョウガを素早く刻むなど、なかなかの包丁さばき。「『男の料理は豪快』と、手を抜いたら女性陣に怒られる」。笑いながら、食卓の彩りを増やしていきました。
 
その後は出来たて料理を味わいながら杯を交わし、カラオケも満喫。息の合った“連係プレー”で皿を洗ってお開きとなりました。6月から加わった83歳の男性は「妻が旅行や入院したら…外食ばっかりはいかんだろうと。みんなでようだい言いもって作るのが面白い」。
 
調理を教える77の女性の79歳の夫もメンバー。「家で鍋を火にかけていたら、ちょくちょく混ぜてくれて、食器も洗い始めた」と家庭的になった夫に目を細めます。 
活動は、高知県内各地の社協に視察されたことも。メンバーらは「楽しみながら続け、いずれは献立から作りたい」と張り切っています。飛び入り参加も歓迎しているといいます。
高知新聞 2019年07月07日

20190712安田町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク