FC2ブログ

記事一覧

南砺市社協 みんな楽しい地域食堂 12地区でモデル事業開始

富山県南砺市社協
【みんな楽しい地域食堂 12地区でモデル事業開始】


全国的な広がりを見せる「子ども食堂」の拡大版「地域食堂」のモデル事業が2019年7月9日、南砺市で始まりました。中山間の南蟹谷地区の6集落のお年寄り51人が地元の交流センターでにぎやかに食卓を囲みました。

南砺市社会福祉協議会が地区社協の会費から3万5千円を上限に支出し、8月末までに希望のあった12地区で開かれます。性別や年齢に関係なく利用でき、今回は1回目。お年寄りの送迎、食事作りのボランティア、運営費の確保が課題で、南蟹谷地区は無料ですが、大人500円、子ども200円で実施する地区もあります。

この日は南砺市食生活改善推進員がまぜご飯やカジキのソテー、豆腐白玉団子、サラダなどを作った。市内在住の78歳の女性は「一人暮らしなので、みんなで食べると楽しい。有料でも参加したい」と笑顔を見せました。南蟹谷地域づくり協議会の事務局長は「皆さんの声を聞き、今後も続ける方向で検討したい」と話しました。
中日新聞 2019年7月10日

20190718南砺市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク