FC2ブログ

記事一覧

横浜市青葉区社協 子どもに安心の居場所を 区内で子ども食堂や学習支援などを行う団体が課題共有

横浜市青葉区社協
【子どもに安心の居場所を 区内で子ども食堂や学習支援などを行う団体が課題共有】


横浜市青葉区内で子ども食堂や学習支援などを行う団体が互いの活動や課題を共有する「こどもの居場所づくり連絡会」が2019年7月22日、ふれあい青葉で開かれました。

2018年から始まり、2回目となる今回は15団体が参加。それぞれの自己紹介のあと、グループに分かれてのディスカッションでは、「地域や学校とどうやったらつながりを持てるか」「(子ども食堂で)どのような食材が必要か」「子どもが自分で考える力を伸ばす支援とは」などの質問が投げかけられました。もえぎ野地域ケアプラザなど区内4カ所でこども食堂を開催する「あおば子ども食堂」の代表は、「いろいろな意見が出て、良いところを真似したり、悩みを一緒に相談できた。今は隣近所との関係も希薄だし、親にとって子育てが大変な時代。子どもだけでなく、支援の必要な大人もいると思う。区内には様々な支援団体があることを知ってもらえたら」。

当日は、区内の子ども食堂や配食ボランティア団体にトマト缶や菓子など食材を寄贈している「株式会社朝日」と「セブンイレブン世田谷玉川店」の紹介も行われ、各団体から感謝の言葉が寄せられました。連絡会を主催した青葉区社会福祉協議会の職員は「子どもたちが安心できる居場所の活動が継続できることが大切。各団体と地域、学校、支援団体のつながり作りを深められるよう、青葉区社協も支援を続けていきたい」と話しました。
タウンニュース 2019年8月1日

20190806青葉区
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新記事

最新コメント

リンク