FC2ブログ

記事一覧

うるま市社協 子の居場所に食品を 市とともに日本郵便沖縄支社と協定締結し「フードドライブ」開始

沖縄県うるま市社協
【子の居場所に食品を 市とともに日本郵便沖縄支社と協定締結し「フードドライブ」開始】


日本郵便沖縄支社は2019年7月19日、うるま市、うるま市社会福祉協議会と協定を結び、市内の12郵便局に家庭から寄付のあった食品を、市内6カ所の子どもの居場所に届ける「フードドライブ」を始めました。同支社として県内初の試み。支社長は「今回の取り組みが子どもの貧困における課題解決に向けた大きな第一歩になると考えている」と語りました。

寄付が可能な食品は(1)未開封(2)賞味期限が1カ月以上(3)常温で保存可能(4)製造者名記載(5)米は精米日から1年以内―が条件。乾物や缶詰、お菓子、ペットボトル飲料、各調味料などを求めています。市長は「身近な郵便局を通して、多くの人々が子どもの貧困対策に関われることに大きな意味がある」と述べました。

うるま市が子どもの貧困対策に積極的に取り組んでいることから今回、協定の締結に至りました。
琉球新報 2019年7月22日)

20190810うるま市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク