FC2ブログ

記事一覧

盛岡市社協 古本やCD…寄付で集めて販売「ブック&ブックエナジーinモリオカ」 障害者らの働く機会提供

岩手県盛岡市社協
【古本やCD…寄付で集めて販売「ブック&ブックエナジーinモリオカ」 障害者らの働く機会提供】


古本などの収集や販売を通じ、障害者や高齢者など就職に苦労する人々に働く機会を提供する取り組みが盛岡市内で行われています。2019年5月、盛岡市社会福祉協議会や市が始めました。読み終えた本をいかした就労支援は全国的に珍しいといいます。事業名は「ブック&ブックエナジーinモリオカ」。市によると、盛岡市は新刊本の売り上げは全国でもトップレベルとされ、本が多い点でも事業が円滑に進むと判断しました。

市役所などに設置された寄付ボックスで集められた本やCD、DVD、ゲームソフトなどは、実施団体となる市内の福祉機関に持ち込まれます。ここで、障害者らがクリーニング作業や、インターネット販売での注文受付、梱包・配送作業を担います。売上金は、工賃として就労者に払われたり、高齢者や障害者を支える団体に寄付されたりします。

実施団体の一つ、同市のNPO法人いわてパノラマ福祉館には、軽度から重度までの障害を持つ約20人が働きます。勤務時間は午前9時~午後3時で、工賃は1カ月で1万円ほど。同館には7月だけで約6700冊の本が集まりました。精神障害をもつ20代の女性は商品の料金設定など責任ある業務をこなします。「ミスをしてもどう対処するか自分で考えられるようになった」とやりがいを感じています。同館の代表は「この事業で一人ひとりの状況に合った職や社会参加を手にするきっかけになれば」と期待します。

事業では刑期を終えた出所者の就職活動など社会復帰も支援します。
朝日新聞 2019年8月19日

20190822盛岡市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク