FC2ブログ

記事一覧

横浜市保土ケ谷区仏向地区社協 「トヨタ・モビリティ基金」から助成を受けワゴン車両購入 運転ボランティアによる高齢者の買い物支援に活用

横浜市保土ケ谷区仏向地区社協【「トヨタ・モビリティ基金」から助成を受けワゴン車両購入 運転ボランティアによる高齢者の買い物支援に活用】

横浜市保土ヶ谷区の仏向地区で高齢者らを対象に病院送迎や買い物支援の取り組みを運営している仏向地区社会協議会が、「トヨタ・モビリティ基金」から受けた助成金で購入したワゴン車両を新たな地域の「足」として10月から運用します。同地区の買い物支援の頻度増加やイベントでの送迎など、活用の広がりが期待されます。

この取り組みは約2年前にスタートしました。山や坂が多く、高齢化が進む仏向地区において地域ケアプラザが生活の困りごとに関するアンケート調査を各自治会に依頼して実施。その結果、「病院や買い物に行くのに困っている」といった回答が多く寄せられました。

こうした地域課題を受け、移動支援を行おうと仏向地区の7つの自治会や同ケアプラザなどから構成される「移動手段を0から考える会」を設立。打ち合わせを重ね、2018年4月から70歳以上の高齢者を対象とした病院送迎支援を開始した。

2019年の4月からは買い物支援を目的とした「ふれあいワゴン」の本格運用も始まりました。しかし、ワゴン車は同地域ケアプラザの所有であることや、運転は職員が空いた時間で対応するなど、課題も残されていました。

そこで、同ケアプラザが着目したのが高齢化による公共交通の縮小によって発生した移動課題の解決に取り組む「トヨタ・モビリティ基金」でした。応募した結果、補助金を受けることが決まり、ふれあいワゴンの運営主体である仏向地区社協が新たな車両を購入。ボランティアが運転を担うことで運転者の制限や運用回数など現況の課題が解決され、利便性が高まります。

8月17日には運転ボランティアの養成講座が行われ、10月からの新車両運用に向けて講座や実習が行われました。同ケアプラザの担当者は「今回の取り組みを通して運転ボランティアに関わる人が増えてくれれば」と期待を寄せました。
タウンニュース 2019年8月29日

参照)保土ヶ谷区仏向地区社協 食品を募り、その日の食事に困っている人へ まちぐるみで「フードドライブ」実施(2017/08/22)


20190905保土ヶ谷区
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク