FC2ブログ

記事一覧

箱根町社協 高齢者や障害者に福祉のおもてなし 近隣の福祉団体に呼びかけ福祉観光ガイドボランティアの養成講座開講

神奈川県箱根町社協
【高齢者や障害者に福祉のおもてなし 近隣の福祉団体に呼びかけ福祉観光ガイドボランティアの養成講座開講】


小田原・箱根エリアを訪れた高齢者や障害者への福祉の「おもてなし」を学んでもらおうと、箱根町社会福祉協議会が中心となった初の福祉観光ガイドボランティアの養成講座が9月に開講しました。高齢者や障害者が安心して観光を楽しめるよう、福祉の知識や介助方法を身に着けたガイドボランティアを養成しようと、箱根町社会福祉協議会が発案。2019年4月、近隣の福祉団体に呼びかけ小田原市社会福祉協議会、おだわら市民交流センターUMECO、箱根ジオパーク推進協議会が賛同、4者の協同開催となりました。

箱根町社協の事業係長は「2、3年前から構想していた。2020年はオリパラも控えているので配慮が必要な方にも地域性を生かした福祉、観光ガイドを行うことがおもてなしに繋がると思った」と話しました。講座は内容を変えて全3回開催。2019年9月17日に実施された第1回目は「車いす体験」がテーマで、乗車側と介助側の2人1組で外出体験を行いました。UMECOから小田原駅を経由して箱根湯本駅まで移動。商店街周辺を一回りした参加者からは「普段気付かない段差をすごく感じた」「一般の人とぶつかることもあった。介助側が気をつけないと危ない」などの声が聞かれました。

2回目は「視覚障害者誘導法体験」を実施。視覚障害の知識を学んだ後、アイマスクを着用した同伴者の誘導を体験しました。介助側は、事前に指導された「おどおどしない」「堂々と」を心がけながら、UMECOから小田原城本丸広場までの道のりを誘導しました。参加者の多くは既に観光ボランティアとして活動している人たち。箱根町社協事業係長は「参加者には今回の学びを、活動に生かしてほしい」と語りました。第3回目は9月30日(月)、「発達障害」「観光ガイド」をテーマにUMECOで開かれます。定員25人、参加無料。
タウンニュース 2019年9月28日

20190930箱根町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク