FC2ブログ

記事一覧

大阪市社協 「大阪市における生活支援コーディネーター実践事例集」(2019年8月)

大阪市社協【「大阪市における生活支援コーディネーター実践事例集」(2019年8月)】現在、大阪市内各区で「生活支援体制整備事業」が推進され、事業を受託する各区の社会福祉協議会に「生活支援コーディネーター」を配置しています。生活支援コーディネーターは、高齢者が住む地域で、元気でいきいきと暮らし続けられるよう、住民やさまざまな関係団体と連携しながら、介護予防の取組み、居場所づくり、生活支援の活動などを推進し...

続きを読む

岡山市社協 生活困窮や引きこもりの人の生活再建・自立を支援 受診料・スーツ代など費用支給 寄付を原資にファンド

岡山市社協【生活困窮や引きこもりの人の生活再建・自立を支援 受信料・スーツ代など費用支給 寄付を原資にファンド】生活困窮や引きこもりの人を支援しようと、岡山市社会福祉協議会は「生活再建・自立支援ファンド」を立ち上げました。医療機関の受診費や就職活動に使うスーツ代など「ちょっとした費用」を支給します。市内の女性(故人)による寄付金1億750万円を原資に、2019年秋から運用を始めました。あと一歩の資金が工面...

続きを読む

保土ケ谷区社協 日本ケンタッキー・フライド・チキンと調理済みオリジナルチキン等食材提供で合意

横浜市保土ケ谷区社協【日本ケンタッキー・フライド・チキンと調理済みオリジナルチキン等食材提供で合意】保土ケ谷区社会福祉協議会と日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)(日本KFC)は、2019年12月20日、調理済みのオリジナルチキン等を食材として提供・譲渡する合意書を締結しました。日本KFCでは、営業終了時に残った「オリジナルチキン」や「骨なしケンタッキー」などといった商品を必要とされている所へ届けたいという思...

続きを読む

江東区社協 車椅子点検整備ボランティアの会 高齢者施設などの車いす、心込め1万台整備 「1台1時間」

東京都江東区社協【車椅子点検整備ボランティアの会 高齢者施設などの車いす、心込め1万台整備 「1台1時間」】高齢者施設などで使われる車いすを手入れする「車椅子点検整備ボランティアの会」(東京都江東区)の整備台数が、活動14年目で1万台を超えました。整備を手掛けるのも60~80歳代の高齢者たち。「活動を喜んでもらいながら1万台の節目を迎えて、うれしい」と元気です。「要整備」と書いた札が付いた車いすがずらり...

続きを読む

松川町社協 町内のボランティアグループ、高齢の1人暮らし81人に手作りおせちを心込めてお届け

長野県松川町社協【町内のボランティアグループ、高齢の1人暮らし81人に手作りおせちを心込めてお届け】松川町の住民有志でつくるボランティアグループ「ぽっかぽかの会」の会員女性ら17人は2019年12月30日、松川町社会福祉協議会のデイサービスセンター「ひまわり荘」で、町内の1人暮らしの高齢者向けにおせち料理を作りました。24年前から毎年取り組み、2019年は希望のあった81人に届けました。会員たちは、前日に仕込んだ煮物...

続きを読む

土浦市社協 豊かなお正月を ボランティアが調理し、一人暮らし高齢者におせち届ける

茨城県土浦市社協【豊かなお正月を ボランティアが調理し、一人暮らし高齢者におせち届ける】豊かなお正月を迎えてもらおうと、土浦市内の一人暮らしの高齢者など147世帯に2019年12月27日、手作りのおせち料理が届けられました。土浦市社会福祉協議会のボランティアら計38人が同日午前8時30分から、同市の市総合福祉会館内で調理しました。大鍋で筑前煮と紅白なますの2品を手作りし、容器に盛り付けました。昆布巻き、黒豆、伊達...

続きを読む

八幡浜市社協 12月30日も窓口開設 「悩まず相談して」 独自貸し付け 年の瀬の力に 要件緩和で利用増

愛媛県八幡浜市社協【12月30日も窓口開設 「悩まず相談して」 独自貸し付け 年の瀬の力に 要件緩和で利用増】公的機関が閉まる年末年始を生活困窮者が温かく過ごすのに、社会福祉協議会が設ける貸付制度が助けになります。八幡浜市社会福祉協議会は独自に「小口資金貸し付け」を設けており、2年前に利用要件を緩和したところ年間10人余りだった利用者が約4倍に増加しています。年末の30日にも窓口を開き「悩みを抱え込まず相談...

続きを読む

桐生市社協 集めた歳末助け合い募金105万円 樹徳高校生が寄付 42年目で総額4372万円に

群馬県桐生市社協【集めた歳末助け合い募金105万円 樹徳高校生が寄付 42年目で総額4372万円に】 地域福祉に役立ててもらおうと、群馬県桐生市の樹徳高校インターアクトクラブの1~3年生5人が2019年12月24日、市総合福祉センターを訪れ、募金活動で集めた105万3816円を桐生市社会福祉協議会に寄付しました。募金活動はクラブ活動の一環で「歳末助け合い」として毎年行っています。今年は64人のクラブ員が1日から23日まで校門や市...

続きを読む

共同募金でもらえる赤い羽根には深い理由があった 「勇気のシルシだから」 チコちゃんの解説に納得

共同募金でもらえる赤い羽根には深い理由があった 「勇気のシルシだから」 チコちゃんの解説に納得2019年12月20日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「共同募金でもらえるのはなぜ赤い羽根」が話題となっています。募金でもらえる赤い羽根。これはなんとなくではなく深い理由がありました。チコちゃんの気になる回答は「勇気のシルシだから」。もらえる赤い羽根が勇気のシルシとは、どうい...

続きを読む

所沢市社協 西武ライオンズ・外崎選手が盗塁数に応じた金額を「所沢市こども未来基金」に寄付

埼玉県所沢市社協【西武ライオンズ・外崎選手が盗塁数に応じた金額を「所沢市こども未来基金」に寄付】西武は2019年12月25日、外崎修汰選手が埼玉県所沢市にある所沢市社会福祉協議会の「所沢市こども未来基金」に22万円を寄付したことを発表しました。外崎選手は2019シーズンから「こども食堂をはじめとしたこどもたちの居場所づくり」の支援活動を行っており、公式戦で「盗塁を決める」ごとに1万円を寄付する計画を立て、達成し...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク