FC2ブログ

記事一覧

石川県社協 県とともにセブンーイレブンと社会福祉貢献活動に関する協定 全国22例目

石川県社協【県とともにセブンーイレブンと社会福祉貢献活動に関する協定 全国22例目】 石川県社会福祉協議会は、県とともにコンビニ大手「セブン-イレブン・ジャパン」と2019年11月20日、商品寄贈による社会福祉貢献活動に関する協定を締結しました。今後、セブン-イレブンは石川県内店舗で改装、移転の際に在庫となった加工食品、日用雑貨などを石川県社協に寄贈し、市町社協を通じて福祉施設に配分します。県は広報など必要...

続きを読む

横浜市市社協 親族後見人を検討している人など対象に、成年後見制度の基礎と実務を具体例で学ぶ講座開講

横浜市市社協【親族後見人を検討している人など対象に、成年後見制度の基礎と実務を具体例で学ぶ講座開講】認知症等で判断能力が不十分になった方々が安心して生活できるように法的に支えていく「成年後見制度」。横浜の権利擁護推進機関である横浜生活あんしんセンター(横浜市社会福祉協議会)では、親族の制度利用を検討している人や、成年後見人等として活動している人向けの講習会を2019年12月に開催します。講習は基礎編と実...

続きを読む

座間市緑ケ丘地区社協 地区にある子育てや福祉・健康などの場を紹介する「緑ケ丘集いマップ」発行

神奈川県座間市緑ケ丘地区社協【地区にある子育てや福祉・健康などの場を紹介する「緑ケ丘集いマップ」発行】座間市緑ケ丘地区社会福祉協議会は同エリアにある子育てや福祉・健康など地域コミュニケーションの場を紹介する「緑ケ丘集いマップ」を発行しました。これは緑ケ丘地区社協の居場所部会が3年前から準備を進めてきたもので、今回は同エリアの12カ所を紹介しています。冊子には子育て世帯や高齢者、住民が集えるカフェやサ...

続きを読む

白石市社協 災害ボランティアセンター閉鎖後も支援続く 大鷹沢地区で引き続きボランティアが活動 「遠慮せず相談を」

宮城県白石市社協【災害ボランティアセンター閉鎖後も支援続く 大鷹沢地区で引き続きボランティアが活動 「遠慮せず相談を】台風19号の豪雨による宮城県白石市の被災地で、白井市災害ボランティアセンター閉鎖後もボランティアが復旧支援活動を続けています。参加者は「『よその方が大変』と、遠慮せずに相談してほしい」と呼び掛けています。ため池の決壊で約40戸が浸水被害に遭った同市大鷹沢三沢の落合地区周辺。被災した会社...

続きを読む

壬生町社協 台風19号の被災地復旧に役立ちたい 高校生が継続支援

栃木県壬生町社協【台風19号の被災地復旧に役立ちたい 高校生が継続支援】壬生高校のJRC部を中心とする生徒15人ほどが2019年11月16日、台風19号で被災した栃木市吹上地区でボランティア活動を行います。同市への継続的支援を目的に10日、壬生町社会福祉協議会が実施したボランティア派遣がきっかけとなりました。壬生町社協が音頭を取った10日の活動には町内7団体と個人計42人が参加しました。同校からは生徒8人と同部顧問の教諭...

続きを読む

加賀市動橋地区社協 福祉協力員や児童センターの子どもたちが高齢者宅に真心お弁当をお届け

石川県加賀市動橋地区社協【福祉協力員や児童センターの子どもたちが高齢者宅に真心お弁当をお届け】 加賀市動橋地区の福祉協力員や動橋児童センターの子どもたちが2019年11月17日、独り暮らしの75歳以上の高齢者46人に弁当を届けました。動橋地区社会福祉協議会が2010年から見守り活動の一環として続けています。野菜をふんだんに使った弁当を手に、元気に訪ねてきた子どもたちを見て、高齢者は明るい笑顔を見せていました。弁当...

続きを読む

倉敷市社協 開設1年余り 見守り訪問2万件 真備支え合いセンター

岡山県倉敷市社協【開設1年余り 見守り訪問2万件 真備支え合いセンター】2018年夏の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の住民を訪ねて見守る「市真備支え合いセンター」が、開設から1年余りたちました。訪問件数は延べ2万件を超え、被災者の状況に応じて関係機関と連携するなど、きめ細やかな支援を目指します。一方、数千に及ぶ被災世帯に対してスタッフ数には限りがあり、課題も見えてきました。〈あたたかくしてお過ごし...

続きを読む

沖縄県社協 子ども食堂や居場所をネットワーク化 沖縄県知事が発表 「課題や好事例を共有」

沖縄県社協【子ども食堂や居場所をネットワーク化 沖縄県知事が発表 「課題や好事例を共有」】沖縄県知事は2019年11月15日の定例会見で、県内に約170カ所ある子どもの居場所や子ども食堂をつなぐ全県的なネットワークを構築することを発表しました。26日午後2時から開催する「沖縄県子どもの居場所ネットワーク記念講演会」で加入申し込みを開始します。知事は「子どもの居場所など運営上の課題や好事例を共有でき、支援者からの...

続きを読む

奈良県社協 県とともにセブンイレブンと協定締結 在庫商品を生活困窮者に提供

奈良県社協【県とともにセブンイレブンと協定締結 在庫商品を生活困窮者に提供】地域福祉の向上に貢献しようと、コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンは、店舗改装時などに発生する在庫商品を県内の生活困窮者らに提供します。同社が2019年11月13日、奈良県社会福祉協議会や県と協定を結び、発表しました。同社によると、これまで店舗改装に伴って処分・再販されてきた加工食品や日用雑貨の一部を、奈良県社協を通じて、支援...

続きを読む

横浜市港南区社協 ダイエーが横浜市内で「移動販売」開始 移動販売実施の提案が実現

横浜市港南区社協【ダイエーが横浜市内で「移動販売」開始 移動販売実施の提案が実現】ダイエーは2019年11月13日、神奈川県横浜市の港南区と栄区で、区と社会福祉協議会、地域ケアプラザの協力のもと、ダイエー初となる移動販売を開始します。港南区の港南区港南台4丁目、5丁目、6丁目、県営日野団地、栄区の栄区西ケ谷団地、西ケ谷ハイツなど、火曜日と日曜日以外の週5日、1日最大6カ所で移動販売をします。取扱品目は、肉、魚、...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク